ラジコン、イラスト、工作、そなそな・・・


by yf2mllsg

ダグラスA1Hスカイレイダー

b0138691_0383633.jpg
完成してから初飛行まで時間があいちゃったけど
無事デストロイヤー計画完了!


“最後まで戦った最高のレシプロ機“
 ~AD、A1スカイレイダーについて~


A1はたった一晩で設計され(概要図)、たった9カ月で初飛行した。しかしA1のコンセプトが生まれるまでの道のりは決して筋の通ったものではない。ダグラス社にはエドワードハイネマン設計の艦上急降下爆撃機の基礎を作り上げたSBDドーンとレスがある。SBDのパッケージングは直ぐにアメリカ海軍に認められ主要急降下爆撃機となった。この当時アメリカ海軍ではSBD、TBM(F)と雷撃と急降下爆撃を別々の機体に割り当てられていた。当然二機種の性格は近接していたことから一機種に統合できるはずだとアメリカ海軍は数社に設計を求めた。そのなかにダグラス社はあった。しかし、大きく進歩した航空技術の背景にもかかわらずアメリカ軍は全く不理屈な使用を求める。それにはSBDで当たり前となった配置の防御機銃もひとつである。ハイネマン技師は要求に沿い、XSB2D(ー1)を作り上げた。
b0138691_112139.jpg

その要求に沿って作られた機体は重かった。リモコン防御機銃、3輪式膠着装置、高出力ではあるがR2800より重いR3350、爆弾庫などが要求によりハイネマンの意思とは逆に取り付けられた。
当然納得いかないハイネマン技師は後部機銃を撤去したBTD(-1)を作る。しかし重く、防御火器無は反感を買った。その間ダグラス社は独自に巨大極まりないXBT2Dスカイパイレーツの開発も行っている。
b0138691_171999.gif

R4360を装備し全幅は21mを超える。
その後1944年6月ワシントン、海軍省航空局において 時期統合艦上攻撃機の会議が始まった。
ライバル数社はダグラス社のカオスぶりをよそに開発は進んでいるようだった。今のままの機体では勝てない。そう思ったハイネマン技師は議会でこう言った
「BTDに関する海軍との契約を破棄されたい。
その代わりまだ使われていない予算で全く新しい爆撃機の製作許可を求める。
この機体は海軍の要求もみたせるものと確信している」

海軍は許可した。しかし概要設計図を明日朝9時までに提出せよという難題付きで。
以前から温めていた構想はすべてホテルの机に吐き出され、仕事は午前3時に終了した。
出来上がった機体は特別な特徴も印象も与えないモノだったため海軍の反応は特別良いものではなかった。
しかしハイネマンは確信があった。
爆弾庫を廃止し、機外に搭載することにより手間を50%できたこと。単座としたことで軽量化F6Fにも勝るとも劣らない(ベテランが載ればF8Fにも負けない空戦能力)運動性、重要部を主翼に隠した堅固かつシンプルな設計、
これらはMr.ウエイトコントロールの名がある彼の信念で出来ている。また空母に実際に搭乗した経験もいかされているという。
9か月の1日後ドーントレスⅡは飛んだ。これはスカイレイダーの愛称の前名である。シンプルな機体は大きな問題もなく実際以上のしあがりを見せ
最高速度518km 正規航続距離2100km 2700馬力のR3350 そして搭載兵装重量はB17にも迫る6768kgというウエイトを持ち上げた。この搭載能力こそA1をベトナム戦争まで最前線でこき使われ(実際非常に遣れて汚い機体が多い)、最高のレシプロ機となりえた理由だと私は思う。

本機モデルは1965年10月、空母ミッドウェイの部隊VA-25所属の機体がモデルです。
同年本機は スカイレイダーでは有名な一話である、‘実戦で敵に向け信管、爆装した便器’を投下した機体で
搭載兵装もその時のものを可能な限り再現しました。(右主翼下に便器搭載)


__________なんか愛着あるひこーきなのでながくなってまうた。。。。

b0138691_132885.jpg

b0138691_1322465.jpg

便器を搭載w ちゃんと信管、爆薬、それに尾翼まで付いています。
アメリカ人のバカさっプリが清いです。。

b0138691_1333023.jpg

すすでぎっとり。

b0138691_1335054.jpg

主脚は2サーボで引き込むのですが力が足りないみたいで背面だと足が出ない場合があると思います。
飛行中は風圧と重力で問題はなかったです。サーボストロークがFutaba、JRで違うかもなのが心配なところ。

b0138691_1355272.jpg

羽畳み始めぽい。 主翼は樹脂ヒンジとピアノ線でロックします。

b0138691_1363452.jpg

自作デカールです。耐水性がいまいちなのでしっかりクリア吹きました。
b0138691_137167.jpg

20mm機関砲4丁 収縮チューブなので折れません。

b0138691_138038.jpg

b0138691_1381180.jpg

b0138691_1382564.jpg
b0138691_1384229.jpg


b0138691_134290.jpg

ベトナム当時の機体なのでカラーでも違和感なし。
b0138691_1391869.jpg

b0138691_1392910.jpg

 
飛ばしてみて

大柄で軽量なため、ゆっくりとした飛行が可能です。ロール性も割とよく、実機のような
激しい切り返し飛行などもやり易いです。離着陸はホイールベースが長いため容易ですが
タイヤのトーイン角の調整がやや難しく、タイヤが暴れやすい傾向にあります。
ラダーと尾輪は非連動ですが、尾輪は動くのでプロペラ後流をあてれば地上でもラダーが効きます。

 
 愛着着着着。。。。・・・・・・・・・・
[PR]
by yf2mllsg | 2010-06-08 01:30 | ラジコン飛行機