ラジコン、イラスト、工作、そなそな・・・


by yf2mllsg

グラマン F8F-2 ベアキャット 

グラマンF8F-2 ベアキャット 空母アンティーダム搭載 VF-151所属機 

データ スパン815mm
飛行重量 405g 
モータ 2208-34
バッテリー 450Mah 3セル
アンプ 18A (CCTB18)
サーボ エルロン 8g×1
     ラダー エレベータ 6g 各1
     引き込み 10g ×1
受信機 5ch以上
ペラ9×5~10×5 (当機は10×5 4翅で飛行)



b0138691_16303743.jpg

バババババ・・・ 白煙があるとなおよいですね。。
機首の凹凸が目立ち気味ですが実際はつるつるです。

戦後(ほぼ)の機体はどれもきれいで

F8Fは胴体がとくにきれいなので新しいやり方で凹凸はなくしました。
主翼はぼこぼこしていますのでそのように。
ちなみに最近は湿度が高く、乾燥させるとピンとなったりします。(防水性は大丈夫ですが。・・)


b0138691_1631178.jpg

写真の腕も上がっている模様(弟写)
b0138691_16312391.jpg

機首にはイノシシのマーキング(自作)
b0138691_16313934.jpg

私は真横から見るとF8Fの特徴がよくわかると思います。
実機は引き込みの尾輪は重量から固定としました。
(ただしラダーと連動して操舵)

b0138691_16315838.jpg

ペラは扇風機で回。
モディファイは垂直尾翼を2cm延長、エレベータを左右1.5cm延長、エルロン面積の増大です。
b0138691_16333696.jpg


b0138691_16335474.jpg

b0138691_1634687.jpg

b0138691_16343410.jpg

b0138691_1636859.jpg

b0138691_16363068.jpg

ダミーエンジンも載せました。バルサ板と楊枝、銅線でそれらしく・・





b0138691_16321823.jpg

ちょっと青っぽく見えすぎるかも。
実機には青っぽいのと黒ぽいのがあり、視認性から青の機体にしました。


屈折する引き込み脚
b0138691_16324252.jpg

今回最も凝った部分はF8F独特の根元で折れ曲がる引き込み脚の再現です。
最初はご覧のように脚の根元は主翼の切りかきよりかなり内側にあります。
b0138691_16325561.jpg

根元のアルミ削りだし自作パーツが外側に折れて
b0138691_1633718.jpg

鉄製の支柱基部をボールリンクで引っ張ることにより、
b0138691_16332268.jpg

ぴったりと畳まれます。

多くのトラブルが予想されたので念入りにCAD、仮模型で設計しました。
結果今までで一番あっさりとリンケージもできましたb
強度も問題なしでした。



飛行
ラダー連動の尾輪、オーバーパワーなモータ、軽量な機体で
あっさりと離陸します。 重量が軽い割にはスピードに乗った飛行です。
前作の彩雲が翼面積同じくらいで420gだったのでふわふわが予想されましたが
結果はF8Fらしいシャープな飛びです。 大きなエルロンや短い胴体
で安定性不足を予想していましたがそのようなことも無く、むしろ運動性が悪い
と思うくらいでした。
着陸速度は早めで、二転着陸を行います。 
タイヤのトーイン角(実際にはトーアウト)を調整しないと足が曲がる可能性があります。
総合的には飛ばしやすさでは彩雲には及ばないものの、
今までのどの機体よりスケールな良い飛びです。
[PR]
by yf2mllsg | 2010-07-17 16:34 | ラジコン飛行機