ラジコン、イラスト、工作、そなそな・・・


by yf2mllsg

フィゼラー Fi156 シュトルヒ

b0138691_22234941.jpg

フィゼラーFi156コウノトリ
 アフリカ戦線の機体でロンメルの愛機としても有名な傑作機。

ドイツの面白さ。
それは
凝りたいところに上手く凝って偏ったいいものが出来上がること。
な気がします。。


 Bf109
ちっちゃい機体にでっけいエンジン、量産性 に偏って
その面では極まってるけど、あとは・・・・??

 シュトルヒもSTOLに凝りまっくてるけど、
ライサンダーやCUBにくらべると飛行機としての性能が低すぎるかも。。

※さんみたくバランスに凝ってくれるともっといい線に行ったと思います。。

b0138691_22295623.jpg

b0138691_22301616.jpg

b0138691_2230476.jpg

 
b0138691_2231810.jpg

b0138691_22312745.jpg

ペラは性能が分かってる9インチを加工して木製のペラと同じハブにしました。
b0138691_22314022.jpg

b0138691_22315845.jpg

b0138691_223212100.jpg

眼下に見えるはずの師団が見当たらない。
 イギリスの地雷原はもっとさきなはずだが・・・

b0138691_2234441.jpg

b0138691_22342163.jpg


連絡機とは思えない迫力があるかもw
b0138691_2234477.jpg

b0138691_22345772.jpg


b0138691_22351743.jpg
 
b0138691_22355113.jpg

ギアは20mmほど自作のスプリングで収縮します。
 ついでに尾輪も収縮します。

b0138691_2236411.jpg

キャノピーはPET0.5mmと強度重視。
 塩ビだと曲げ加工すると割れてしまいます。
PSだとシンナー使えないのできれいに仕上がりません。


スパン 1000mm
重量 412g
モータ2208-34
ペラ9×5DD 木製ペラ風に加工
アンプ CCTB18A
サーボ エルロン6g二個 ラダーエレベータ6g各一個
受信機 4ch以上 
 (フラップも追加できるようにサーボ位置を工夫しています)




~飛行~
雨天決行しました。w
結果 大部分は予想通りの性能で成功ですb

地上での取り回しの容易さは電動アクロ機並みです。
 上空特性はエルロンが左に4コマトリム、以外はノートリムで
CGも最初の位置で問題ありませんでした。
バッテリーを脱着式のカウルに搭載しているので
CG調整が簡単でないのが難点です。そのたメカは座席下に隠しました。
尾翼の舵は軽く効き、上下30度のダカクでも追従性は十分です。
主翼にぶら下がってる感じでくりくり振り回せます。 
エルロンは予想より素直で、怖かったアドバンスよーも感じられませんでした。
巡航飛行速度は全体とし予想より速めでした。(でも凄く遅い)
でも失速特性は当然良く、私の操縦でも1mスクエアに確実に下ろせます。
 ちょっと広いインドア、バスケコート1面半あれば十分飛行可能ですね。

 
[PR]
by yf2mllsg | 2010-10-09 22:38 | ラジコン飛行機