ラジコン、イラスト、工作、そなそな・・・


by yf2mllsg

愛知99式艦上爆撃機一一型 

b0138691_1905298.jpg

 99艦爆が完成しました。
初飛行後、機銃とプロペラハブを取り付けています。



データ 
翼幅 1063mm 
スケール比 1/13.5スケール(フライングスタイロ零戦とほぼ同じ)
飛行重量(11.1V800mAhBT込み)480g
モーター 2208クラス
ペラ 9×5 3ブレード
サーボ エルロン Ok模型4.7g×2
     エレベーターラダー ノーブランド 金属デジタル5g 各一個
     爆弾投下 ノーブランド 7g ×1
     フラップ9gデジタル金属ギア ×1 
受信機 6ch以上(6ch使用)
バッテリー ハイペリオン 11.1V 800mAh
       (コネクタ ディーンズウルトラプラグT字)

b0138691_198283.jpg

b0138691_1982567.jpg

b0138691_198354.jpg

b0138691_199361.jpg

実機通り単純フラップを4分割舵面を1サーボで制御しています。
大変ゆっくり飛行できるためフルダウンの必要は感じませんでした。
30gの模擬爆弾を抱いたときは有効です。
着陸時はフラップを使用するとエルロンが効きにくくなるまでゆっくり飛ぶので
寸前で引き起こし気味が良いようでした。
b0138691_19141050.jpg

b0138691_19142335.jpg

基本的に一機種一度しか作らないのですが
キャノピーの型はその都度削ってヒートプレスを行います。
b0138691_19151452.jpg

大戦機は薄板を用いているため平滑性が現代機ほどでないため
薄いフィルムをリベットラインの歪みがでるように貼っています。
写真ではわかりにくいですけど・・・・

b0138691_19164029.jpg

スパッツはスタイロにフィルム貼りです。
足支柱は超超ジュラルミンを使いました。
鉄S45C並みの強度で重量1/3です!
b0138691_19183966.jpg

エルロンは贅沢にもOK模型4.7gです。
b0138691_19191322.jpg

フラップサーボです。
b0138691_19192875.jpg

マイクロ金属ギアデジタルのこのサーボは
すごくよかったのでアクロ機でも使いたいと思います。
b0138691_19201228.jpg

ダイブブレーキは固定です。
1000mmスパンで翼面積もたっぷりあるので急降下でもそこまで速度は出ないと判断したためです。
飛行した感じではこの判断は正解だったようです。
b0138691_1921090.jpg

b0138691_19213042.jpg

投弾ユニットです。
b0138691_19215485.jpg

1サーボでプロペラ外に押し出すと同時にゴムが外れ投下できるようにしました。
ここに2サーボを使うと操作が忙しくなるためです。
各配線は細いものに交換したり、必要外のコメクタをなくして軽量化をしています。
アクロ機では必ず行うので習慣になっていて面倒には感じません。
軽くなった方が気分も晴れますし・・・・
b0138691_1923073.jpg

重すぎる爆弾をつけるとサーボに負荷がかかるので30gくらいが良いようです。
b0138691_19234830.jpg

わかりにくいですが計器盤と椅子2つと内部も重くならない程度に作りました。
私の作り方は薄板モノコックなので床まで空間があるのでコックピットはつくりやすい場合がほとんどです。
b0138691_19255816.jpg
 
カラーリングは真珠湾です。
同時期の97艦攻が剥離が激しいためそれより控えめかです。
空母内で飛行は行わず真珠湾まで航海を行っているためすす汚れはほとんど無しで
整備員が良く磨いていたそうで、その時に剥離がおきたらしい・・のでそれに見合った感じにしています。
白黒写真では白ベースの99艦爆では剥離が目立ちにくく、97艦攻ではうるしであるのもあり大変目立ちます。

 
飛行動画をせんせいに携帯で撮っていただきました。

滑走路に爆弾投下をおこなっています『カラン』って音がしていると思います。

飛行性能
今まで制作したスケール機の中で一番バランスのとれた性能だと感じました。
よく面荷重は低いので低速性が良く、フラップをさげれば更に落とすことができました。
ただし落としすぎると失速の前にエルロンがエルロンが効きにくくなります。
止まる勢いでつるとロール方向に失速します。
スケール機らしいですが楕円翼なので翼面積にしては自転は早めです。
動画では着陸はツッコミ気味ですがフラップハーフダウンだとふわふわすぎて
エレベータでツルらなかったらあんな感じになりました・・・・・
フラップ10%くらいで着陸寸前につると(空母の着艦のような・・)よかったです。
ちなみに路肩にぶつかっていますが壊れずにすみました。。
動画ではローリングサークルやっていますが運動性能はとても良好です。
翼面積が大きいので悪いかなと思っていたのですが予想外でした。
爆装時はフラップが役に立っています。
上空でも10%ダウンくらいにすると重たい感じもかなり低減できます。

カッコは良くても飛行の難しいスケール機では手を出しづらいものです。
低速で安定して飛べればとべるほど実機ライクなのでスケール感もアップすると思います。




この子は十分可愛がったと思うので 
こちらで出品致しております。 よろしければご覧下さい。。。




  
[PR]
by yf2mllsg | 2012-11-11 19:48 | ラジコン飛行機