ラジコン、イラスト、工作、そなそな・・・


by yf2mllsg

マッキMC.200サエッタ

b0138691_20151820.jpg

マッキMC.200サエッタ
イタリアの開戦初期の戦闘機です。
液冷エンジンに換装した
Mc.203 フォルゴーレ
b0138691_20173845.jpg

は有名です。
まったく印象の違う機体ですが 
多種ある 液冷↔空冷 でも最もスマートにできていると思います。
 むしろ最初の空冷の方がマッチングがわるいように感じるかも・・・・

データ
翼幅 800mm
スケール比 1/13.5
飛行重量 360g(11.1V600mAhバッテリー込み)
モーター 2208クラス
プロペラ 9×5 3ブレード(画像では逆ピッチがついていますが普通ピッチになります)
サーボ エルロン ノーブランド4.3g×2
     エレベータ、ラダー OK模型4.7g各一個
     引き込み FutabaS3110×一
バッテリー 11.1v 600mAh
受信機 5ch以上(JR6ch使用)

 

b0138691_20214270.jpg

b0138691_2022123.jpg

特徴的にエンジンカウル。
b0138691_20271085.jpg

b0138691_20272365.jpg

風防は軽さ重視で薄いものにしました。
翼面積は少ないので軽さに気お付けます。
b0138691_20281131.jpg

複葉機時代を引きずり続けたイタリア機らしいフォルムです。
b0138691_20292236.jpg

引き込み脚はGWSをケブラーワイヤで補強しました。
足支柱は超超ジュラルミンです。
b0138691_2030212.jpg

重量軽減のためフラップはありませんが翼端エルロンになっています。
ねじり下げをつけていますが翼端失速しやすかったためエルロンを2.5mmほどはねあげてます。
内側ギア扉は引き込みに軽いサーボを使ったのでトルク的に省略しました。
アンプ配線やサーボ配線も交換して軽量化に努めています。
b0138691_2032355.jpg

計器盤を印刷して貼りました。
開放風防なのでコートします。。

飛行性能
300g代と軽量なのですが翼面積は少ないので失速速度は早めでした。
初飛行のあとねじり下げをプラスする意味でエルロンはねあげと重心を調整してかなり改善しました。 
運動性は小型機だけあって良好です。エルロンはエクスポを多めに入れて(JRでプラス55%)舵角は大きめに調整すると良いようです。低速時はエルロンに注意気味にラダー少なめで旋回すると良く、離着陸時は水平に保つと結構釣ることもできます。同サイズ400g後半の一般的なフライト+運動性のような感じです。(主観的ですみません・・・・・)。




サエッタは新しい作り方で製作したスケール機第一弾です。今までの紙貼り、目止めより同じ重量では耐水性が大幅に向上(樹脂フィルムなので)して成功でした。サエッタは外皮は平滑気味で胴体の独特な艶のなさと曲線とオイルクーラー付きカウルが特徴と見て作り、雰囲気は再現できたかな?と思います。



ぶさカワイイなぁ。。。(´Д` )

こちらにて出品致しております。
宜しければご覧くださぃ
[PR]
by yf2mllsg | 2012-11-11 20:53 | ラジコン飛行機