ラジコン、イラスト、工作、そなそな・・・


by yf2mllsg
b0138691_21361995.jpg

b0138691_21363176.jpg

b0138691_21364063.jpg


レポートを提出することになっていたため書いたものをコピペします。
 間違っていることも多いかもですが、そのときは笑ってください。




_____________
 この場所で思いもしない素晴らしいモノに出会いました。それはダイムラー・ベンツDB601エンジンのピストンです。なぜ先のように感じたかというと、ダイムラー・ベンツ(以後DB)製であるという点です。
 当エンジンは、第二次世界大戦中ドイツで最も多く使用された航空レシプロエンジンの一つです。当時、同盟国である日本は、ライセンス生産を持ちかけ、これを実現しています。このラ国品は二つに大別でき、陸軍のハー40形と海軍の熱田です。今まで、海軍の熱田は3箇所の展示品を見ることができています。国産化されたモノを見る機会は有りながら、ドイツ製は一度も見たことが無かったため、日本では特に貴重だと思います。
 熱田は、見たことがあるものの、近くでピストンを撮影できたのはこれが初めてでした。手持ち資料と照らした内容も含め気になる部分について感じたことを、浅学ながらまとめてみようと思います。
 比較対象は、同時代の大排気量航空レシプロエンジンと約束します。
 ピストンヘッドが盛り上がっています。これは圧縮比を稼ぐための処置と仮定します。盛り上がったピストンヘッドは、ピストン上昇時のタンブル流を阻害するため、一般的にない方が良いとされているようです。そうなれば、初期設計時に、燃焼室容積を減らせば良いという事になるため、後に設計変更に伴ってつじつま合わせをしたのではないかと思います。その理由は、DB601と前モデルDB600では圧縮比が異なるためです。前者の方が約0.1高くなっています。高くすることが可能になったのは、直接燃料噴射装置が搭載されて、燃料の気化潜熱でシリンダー内の温度を下げることができ、異常燃焼に対する余裕が生まれたためだと思います。
 熱田と撮影した画像を見比べたとき、大きな違いに気がつきました。それはオイルラインが異なるということです。DBでは、ピストンスカートに外側に大きなくぼみを機械加工し、内部かとオイルラインで繋がっていました。熱田では、このオイルライン計4箇所がありません。しかし、オイルラインを通すための内側も加工のためのシロがそのまま残っています。何らかの要因で省略できたならば、この加工のためのシロも省略しても良いはずです。では、この“面倒なオイルライン”は何のためにあるのでしょうか。これに関連するような違いがもう一つあります。それはピストン内部のドラフト角度がDBでは大きく取られているということです。ピストンの製造は、鍛造と鋳造があります。鋳造ではダイカストでない限り、抜け勾配は考慮されていません。鍛造では、ヌケ勾配(ドラフト角度)が考慮されています。つまり、DBは鍛造ピストンで、熱田やハー40は鋳造ピストンだったのかもしれません。資料がない為、定かではありませんが、ラ国品でもここまで大きな差を受け入れるかは意見の分かれる部分だと思います。しかし、現にラ国化にあたり、鍛造型の問題で型鍛造クランクシャフトを採用できていませんでした。鍛造ピトンと鋳造ピストンでは、熱膨張が異なります。後者は、強度は高いながら熱膨張は大きく、冷却や公差の取り方も別の考えがいるそうです。
 私の推測をまとめると以下になります。
国産化に当たり、鍛造ピストンを諦め鋳造に変更。
それに伴って、ヌケ勾配を考慮しなくてよくなったため、大きく肉抜きを行い軽量化。
熱膨張も少ないため、オイルラインの一部省略とくぼみによる逃げ機械加工の廃止。
加工シロはリブとして強度確保に必要だったため、そのまま残された。
_________________

※ DB600のピストンの画像は見つかりませんでした。

すみません、拾い物のラ国品の画像です。
b0138691_21424048.jpg




 というレポートを書いては見たものの、 DB601の画像をあらためて、ネット、資料を見ていたら、窪みがない・・・・・・

そこで、視野を広げてDB、BMW、napir,RR,jumoとあたってみると

DB605再生時のマーレー製ピストンの写真と酷似しているではありませんか!!!

資料は手持ちのBf109のフライアブルレストアの本です。

DB601(熱田、ハー40)とDB605ではボア経が違うので一目瞭然です。



“40年代にDB605のピストンを制作していたマーレー社が(中略)古い金属製の鋳型を見つけ出してきたのである。”

グスタフに翼を  より引用。
鋳型と来れば鋳造です。当時鍛造ピストンは多くないだろうと考えていたためやはり鋳造かもしれません。
金属製の鋳型は型鍛造型とも言えそうですが、砂型鋳造時の雄型のかもです。

DB605になり、ピストンの強度も上げられているようですね。
鍛造肉厚と鋳造肉薄ででは強度に差がありすぎて不思議に感じてはいたのですが、納得です。



是非、ショーケース内のピストンの寸法を測ってみたところです。゚(゚´Д`゚)゚。
[PR]
# by yf2mllsg | 2013-06-03 21:47 | 技術的考察

久しぶりの

b0138691_11571495.jpg

 引越し後の一機目、アウトドアアクロ機です。

設計は、汎用メカを使って、作りやすい形だけど、280gクラス(板機で)と同じ性能。

 水平尾翼のストレーキは効果大なので、良く使っています。
あと、水平尾翼の左右の連結部分は、胴体に扇形の切り欠きが出来るのが普通ですが、
切り欠きをやめています。
b0138691_1222056.jpg

インドア機でも同じように・・

垂直尾翼の取り付けの振れがほとんど無くなるので、ラダーのカウンターは廃止できました。
 ホーンも垂直尾翼の中央に付けられるので、カーボンの張り線もいりません。

sumika 翼型機のようなトリッキーな性能はありませんが、重たい機体より面白いです。



 今の住まいは豊田市です。
まだ、飛ばす場所の開拓とかは出来ていないので、これから探していきたいと思います。
[PR]
# by yf2mllsg | 2013-05-19 12:09 | ラジコン飛行機

ツインワスプ

こんばんは
GW中は千葉に戻り、元借家の掃除や、学校二次試験の練習)、車の整備などで慌ただしかったです。

しかし、
ラジコンや機械の話を心おきなくできてとても楽しかったです。

改めて機械っていいなぁと思いました。

 だって、その時代の理論の粋を尽くして作られているからです。
どんな、常識も純粋な経験も正しい理論の前には優れない。
どの時代のモノの材料や形は、ほとんど理論だった理由があり、それを探す行為は無意味ではないハズです。
だから、どの子も愛おしく見えてきますw
感情的に作られるメディアとか常識とか一部のメカ(スリーブバル・(ry)などもミクロに見れば、理論だっている(理由ありきの結果)のだろうけど、それが解明できるのは、攻殻機動隊のような世界にならないと無理なのかもです。。
 
ゲームやパチンコ、スポーツ、漫画には興味がないので、
今の場所では、ぼっちですww

b0138691_21321283.jpg

プラット&ホイットニーR1830-21 ツインワスプ星型エンジンの1/8
のペーパーモデルです。
 資料不足で曖昧な部分はありますが機械的構成要素は見た目で再現したつもり・・

b0138691_21353336.jpg

ディスビの根元のハイテンションコード以外はパイプ類も紙にこだわりますw

R1830ではR2800のように
フロントハウジング(リダクションギアケーシング)に2つマグネトーをもつタイプと
リアにギアを介して一個つくものがあります。

おそらく理由は 低高度向けのー20は1段二速過給器なためと思われます。(ただしR2800にも1段二速過給器もある)
整備頻度も含めて途中から採用された2つのマグネトーは後続機種に引き継がれたのかも。
その隣には電動スターターです。ジェネレーターは・・不明です。
 あまり見ませんがスターター兼用ジェネレーターも採用されているエンジンもあります。

キャブはツインバレル、ダウンドラフト式。
話が飛びますが
最近RRマーリンのアンチマイナスGキャブレータの解説資料を見つけました
http://www.caa.co.uk/docs/1594/LTO%201700.pdf

シンプルですね。ただしDBのような持続的なバント飛行は無理っぽいです。
[PR]
# by yf2mllsg | 2013-05-08 22:04

引越し後

 お久しぶりです。

4月から仕事はじめで、愛知県にお引越しをしました。

元借家に飛行機や材料、工具を置いてきているので、自宅では暇です。

b0138691_19594816.jpg


で、暇つぶしですw

M3スチュアート軽戦車です。

東南アジアでは最強の戦車、ヨーロッパ、アフリカでは最弱の部類の戦車みたいです。

この使用
b0138691_205997.png

英国第七機甲師団「デザートラッツ」です。
 ソース、ガルパンOVA1話です。


b0138691_2021245.jpg

材料は 空き箱です。
b0138691_2023860.jpg

ラジコン使用を考えて可動サスと連結履帯、起動輪も強化しましたが
受信機を元借家に忘れてた・・・・
[PR]
# by yf2mllsg | 2013-04-21 20:07
こんばんは
b0138691_0443753.jpg

この子が今のおうちで作る最後のスケール機になりそうです。
b0138691_0513686.jpg

今日は早帰り晴れてて風も少なめだったので塗装日に当てました。
b0138691_0445735.jpg

かわえぇよ ハァハァ。゚(゚´Д`゚)゚
b0138691_046566.jpg

二重反転、ちとうるさいですがとりあえず飛ばして様子見です。
ペラはちゃんと4枚×2になる予定
b0138691_0474728.jpg

スパン1000mmとちょい大きめ
なのにやたらデカく見える・・・
ターボプロップなのに機首がちっとも細くない・・・
b0138691_0484727.jpg

ワイヤの束。
内側ギア扉がしまっています。
P51マスタング(というかノースアメリカンの機体の多い)のように足が出ているときも閉じているのを作動含め再現しました。
 ただしエンジン停止中はハイドロが聞いいてないので開いてます。



b0138691_0441111.jpg

ああっ!震電 乙 損所部は外しました。

1フライト目 滑走離陸、飛行はできるもののエレベータがとても鈍い
        方向安定不良 失速は皆無
        丸胴なので板胴と比較して重心より前の側面積は減るため
        垂直は小さめでも良いと判断したものの小さくしすぎたです。
2フライト 重心5mm後ろに  若干聴きよくなるもののまだ鈍い、着陸速度が早すぎる
       ただ前脚はおもったより丈夫  
3フライト目 重心をさらに5mm後ろに エレベータ良好!
       失速テスト 吊って絞ってまだ大丈n・・・


 主翼が先に翼端失速でもがくも全く効果なしでそのまま突っ込む・・・

 得られたことは多いので修理します。運良く機首のモノコックがくしゅっとなっただけで済みました。
(つまり全くコントロールできていなかった・・・)

 来週またやります。 
[PR]
# by yf2mllsg | 2013-03-05 00:59 | ラジコン飛行機