ラジコン、イラスト、工作、そなそな・・・


by yf2mllsg

タグ:ラジコン ( 22 ) タグの人気記事

ダクトファン

b0138691_22354362.jpg

可変入口案内翼です。(VIGV)

まだコニカルリング(羽を同時に回転させるリング)はついてません。

b0138691_22385044.jpg

とりあえずふぁんです。径56mmです。
形状変更できるようにアルミ製に変更しました。


VIGVの最も光る役割は

軸流圧縮機のガスタービンでサージングを防止するためなようです。

前列段コンプレッサーが過大な空気流で剥離しないように、流量を落とします。
 F4ファントムやF104兄貴のJ79が顕著な例です(可変ステーターとVIGV)

レシプロエンジンの過給器でも用いられています。

miklin AM-38では、VIGVを用いて、低空での過大な空気流を減らします。

普通はクラッチで動力伝達を遮断したり変速するのですが、ちょっとかわってますね。


んで、
EDFにVIGVをくっつけようとする理由は

サージの防止ではなくて(エンストしないですし・・・)


低速、低回転での効率を上げるためです。

推力は、押し出した空気の重さと流速の積にひれいするので・・・

小径ダクトで、推力出すには、短絡的に流速を増やすとします。

そうすると、高ピッチかつ高回転になり・・・

高ピッチ効率が悪くなる(Tu95のプロペラが二重反転な理由)

それを、機速が遅い時に高回転させると、

失速して滑る・・・推進効率悪化。

なので、VIGVで予旋回流を与えて、見かけ上のピッチを減らし、効率を改善!

・・・したい・・という狙いです・・・

ファンが失速せず効率上昇と見かけ迎え角の減少による流量の減少

のグラフの当たった部分になるのが理想的かも。

あと、ファンはできるだけゆっくり回転させたい(ちっちゃいファン自体は高回転のがいいんですけど)のでKvかなり低めで、モーターの効率をアウトランナーブラシレスでも高くするために

二段ファンとか・・

b0138691_2311752.jpg


最初はできるだけ単純にするのが鉄則。 複雑化は不備が出てから。。
 と言いながら、既に複雑でした・・ 地上ベンチ効果確認用です・・


ダクトファンは、ジェット機の形状を維持するために払うマイナスが大きすぎるように感じます。。
形重視でミーハーちっくも戦闘機と逆行しているように思えますし、なによりプロペラ機よりヘタレは受け入れがたいかもです。 ダクトの正面積でほとんど決まってしまうので仕方ないけど、差を埋めたいです。

私のアクロ機のひとつは

3.75g/w (1ワットでどれだけ推力が出たか)くらいです。

ちょっと良いめ市販ダクトファンユニットで

1.814g/w 

(。-_-。)・・・ 効率悪すぎます・・倍以上の電流か半分以下の推力・・・
実機の飛びを見るとジェットとレシプロは別物なのに・・・



VIGVの効果は簡易検証で、ハーフスロットルではそこそこ効果があったです。
モーターとの適合とかチップの漏洩の工夫でもうちょっと正確に・・
[PR]
by yf2mllsg | 2013-06-07 23:14 | ラジコン飛行機

震電 完成

b0138691_0214176.jpg

飛行可能状態です。
 予定通り6日くらいで。。

スピナーはプロペラ選定がまだなので後回し。


b0138691_023308.jpg

前輪はがっちりしていないといけないと思われたのでオーバークオリティです。
 操舵、引き込みは別個に専用サーボを載せました。
長ったらしい機械リンクはいつもトラブルの狂気です・・

b0138691_025718.jpg

エレベータはかなり効きにくくなる事がわかったのでかなり面積を増やしました。

翼断面は対象です。迎え角をとっているので。
b0138691_026931.jpg

とにかく後ろ重になりやすいので(実機は延長シャフトです)何度も重心を見合わえながら慎重に。
結果ガンベイにメカが集中しています。

30mm機関砲はいかにも重いのです。。

知恵の輪みたいな先尾翼サーボのリンクも考えあぐねた結果です(一応。。。)
b0138691_0282932.jpg

ここらの作りは大体汎用設計ができてきました。
ワイバーン、天山もおんなじ感じです。

 操舵は軸線上にダイレクトに、金属デジタルです。


 飛ぶといいなぁ・・
[PR]
by yf2mllsg | 2013-02-23 00:31 | ラジコン飛行機

震電

b0138691_046728.jpg

6時間震電です。
b0138691_04633100.jpg

天山殿と一緒に初飛行です。
  クオリティの差が・・・・w
ちゃんと飛ぶか疑わしい種類の機体で最初からバッチリ決め込むことはしません。
飛ばして気になるところは大体テストし終わり、もう用済みです。

最終的には軽い状態でローリングループ、ナイフエッジ系ができるようになりました。
 最初少し手こずりましたが普通に飛んでしまいちょっと拍子抜けです。。。

重り載せても普通に飛んだので立体震電を計画中です。

b0138691_0541878.jpg

実際にテストしてわかったことですが
 この
スカイ・クロラの散香Mkbというアニメの機体、
非常に機能美的な形だとおもいます(細かいエアダクトのを除いて)

二重反転や後退翼、震電よりとてもおおきな垂直尾翼などなど。
http://www.youtube.com/watch?v=fIyeuK9QBJY
アニメ劇中の挙動も非常に納得のいくものだと思いました。
外部タンクを投棄するときとか、着陸の衝撃とか、ロールの集約、オーバーシュートさせるときとか。

 リアルなのにスカイリィはちょっと残念です。。。
b0138691_135610.jpg


b0138691_0504591.jpg

天山も普通に飛びました。
予想通りの特性です。 この手の機体と小さいアクロ機は予想通りになってくれるのでちょっと刺激が足りないかもとか思ったり。。

なので油圧とかに手を出すんですが・・
  試製品はおkでもシールの某潤(?)問題で手こずり・・・
でも根気よく。
[PR]
by yf2mllsg | 2013-02-11 01:07 | ラジコン飛行機

二重反転プロペラ

2モーター式は正確には同軸反転らしいです。

b0138691_305347.png

フェアリーガネットは前後をギアで機械的に結合されておらず
一機ずつのマンバターボプロップで駆動します。
b0138691_304295.jpg



アリソン
XT-40
b0138691_3113537.jpg

b0138691_3114394.jpg

A2D
b0138691_3115349.jpg

コンソリデーテッドバルチャーpogo xfy-1
b0138691_3135521.jpg

b0138691_323960.jpg

ロッキードXFV-1 
b0138691_3152646.jpg

NA A2J    変n・・・・・ばっかり・・

やクズネツォフ 2TV-2
b0138691_3161378.jpg

Tu95の試作機のエンジン

などは二基のアキシャルガスタービンを
ギアボックスで結合して二重反転ペラを回しています。

この統合する ターボプロップシステムで結局モノになったのは私の知識の限りありません

ギアボックス、ギアの強度、精度、マウントの剛性どれも条件が非常に厳しいためです。


ワイバーンのエンジンは
b0138691_3205883.jpg


アームストロングシドレー パイソンです。
b0138691_3165821.png

こっちはストレートに一基で2つの二重反転です。

小型のガスタービンは 中途半端なサイズを一基用いるより

給気口の大きさとタービンの耐熱性(多分)からメリットがあります。

なのでPoweeeeeerが欲しいので二基結合なのだと思います。


b0138691_3215373.jpg

[PR]
by yf2mllsg | 2013-02-07 03:21 | ラジコン飛行機

B6N2 天山 完成 

b0138691_21325544.jpg

天山殿
製作開始から7日で飛行可能状態になりましたw

b0138691_21334215.jpg


天山ってアメリカさんぽくないですか?
 装備贅沢の日本機らしくない押しの強さ。。

と思っていたら意外とコンパクトで拍子抜け気味です。
 でも1・1mあります。

アベンジャーが巨大、デブ、ふやけ(余裕のあるw)過ぎなのでしょうか。。

b0138691_21355595.jpg

いい感じです。

濃い色にするといい感じです。
b0138691_21364653.jpg

詰め気味作業でしたが、ゆっくり作る時とかわらない範囲にします。

b0138691_2137288.jpg

実機は足が丈夫すぎる らしので オーバークオリティにしました。

b0138691_21382486.jpg

 
[PR]
by yf2mllsg | 2013-01-27 21:39

二式水戦

あとはpbmと一緒に。

b0138691_8525999.jpg

[PR]
by yf2mllsg | 2013-01-18 09:00 | ラジコン飛行機

2.15m

b0138691_053102.jpg

双発機で難しいのがエンジンナセルのアライメント設計です。
実機は重量が重いため迎え角を大きく取るのですがRCだと軽すぎて(多分私の機体は特に・・・)昇降舵を下げ舵に取らなくてはいけなくなります。
迎え角は冒険せず0°。当然ナセル、主翼取り付けのフィレット、推力線、すべて少しずつ変わるので
違和感が出ないように慎重に・・・

脱線ですが高翼面荷重の機体が空気抵抗がすくない理由は

揚力の確保できない分を迎え角を取るため、主翼の表面の摩擦抵抗の低減が速力あpにつながるらしいです。。

b0138691_101046.jpg

1mmスチレンを切り出して 机の角で丸みをつけます。フィレットも一体にしました。
1mmスチレンは 大きくて安価で曲げても全く割れない、軽いが揃っているのは意外とないんです。。。。

b0138691_143879.jpg

ねじれ防止ジグはあちこちにつかうのは常用手段。
b0138691_153311.jpg

垂直尾翼は単板です。
 溶剤系接着剤をリブのあるところにぬります。
しばし飛ばして、フィルム貼り、揮発できなくなった溶剤が微妙にスチレンを溶かしてリベット打ち付けた時に歪む感じが出ます。
b0138691_171233.jpg

主翼取り付け部分をチキりながら慎重にカット・・
b0138691_18254.jpg

中央翼は二桁構造。
エポキシで。 エポキシ混ぜるときはスパーの上で直に出して混合します。
意外と混ぜるときに無駄になる量ってバカになりません。
b0138691_191398.jpg

水平尾翼はちょっとかわった翼型。アライメントのために。
昇降舵は2サーボの予定、落ちたら嫌なので・・・
b0138691_1101792.jpg

機首の銃座は固定にすることにしました。お水かぶるので致し方なし。
切り欠きたくないけどコクピット下がバッテリーです。
b0138691_1115963.jpg

中央翼は固定の予定です。主翼脱着は配線の抜き差し、水密、剛性さんが心配ですので。
[PR]
by yf2mllsg | 2013-01-07 01:13 | ラジコン飛行機
b0138691_19584922.jpg


実機は有名な

コンソリ PBYカタリナの後続機です。

コンソリ社もPb2Yコロネドという四発飛行艇(マリナーと同じくらいの大きさ)
b0138691_2005541.jpg

は実質後続機となり得なかったのは意外性を感じます。

pbmは名称からもわかるように(P哨戒、B爆撃、Mマーチン社の数字がないから同種で最初)にもかかわらず成功していて、PB2Mマーズ、マリーン、マース、P6Mと続きます。

現在ではロッキードマーチンと会社の名前が残っている数少ない航空機メーカーですが第二次大戦ではあまり目立たないです。

私見ですがPBMの設計は洗練されていると思います。
 二式大艇にくらべると見劣りしますがそれは飛行艇に対する要求の違いからです。

例えると アメリカの飛行艇は路線バスを追求し、日本の飛行艇は高速バスかな・?です。

かわいいB10はふにんきさんだし
b0138691_2017674.jpg

大型爆撃機はコンソリ社とボーイングにとられて

新しい機種に乗り出さざる得なくなったようです。

b0138691_20244879.jpg

原寸大の図面をセンター材に貼ってカットして床に固定して胴枠をはります。

胴枠はEPPです。 
ベニアではないのは軽くするため、切り出しの手間、耐水性です
スチレンでないのは瞬間がしっかり効かないから、胴枠を細くすると簡単に割れてしまうため
b0138691_20272428.jpg

反対側の部品は串刺しにしてなくさないように
b0138691_20275698.jpg

b0138691_20281247.jpg

ストリンガーをいれます。2mmヒノキです。
バルサではないのは同枠に正確に切り込みを入れるため精度の問題と、細いほうが実機っぽいし、EPP胴枠にスリットを入れて圧入すればよりしっかり接着できるから

b0138691_20305581.jpg

船内の通路も。
b0138691_20313999.jpg

1mmスチレンをプランクします。
場所によって3種類の1mm材を使い分けます。
b0138691_203246.jpg

床からはがして
b0138691_20335974.jpg

ボックス構造でねじれ曲がりはなし
大型機で運動性が悪い機体での狂いは致命傷なので小型機よりも注意です。
b0138691_20345937.jpg

不必要なセンター材を捨てます。主翼の付くところはアライメントの基準線があるのでこの時点ではそのまま
b0138691_2035273.jpg

尾部はねじれやすいため切り取らない、なかも見えにくいですし
この時点で内部に水密します。
b0138691_20363350.jpg


乾燥させているあいだに主翼を熱線カッターできりだします、
テンプレートは一機種一度しか作らないため毎回つくります。
b0138691_20402463.jpg


私はEPPやスチレンにカーボンシートを上下面にはってつくります、。
 薄いベニアで上下別にするとテンプレートを張り替えるときに意外と狂いやすいです。
翼厚が異なってしまうのは絶対にいけないので一度でできるこのテンプレートは定番です。
b0138691_20373322.jpg

反対側を作ります。
センター材がなくねじれやすいため棒をX状にはっておきます
b0138691_20413344.jpg

ギアも完成
b0138691_2042366.jpg

180度回転するので通常のリンケージでは不可能です。
なのでリンクを二つ追加します。
ショベルカーのバケットのリンクと同じですね


 
[PR]
by yf2mllsg | 2013-01-04 20:43 | ラジコン飛行機

多発機で。。。

こんばんは

 何を作ろうか考えてるだけでも楽しいものです。

私の中では

自分の好みなど情緒的な理由と

作りやさ、人気や飛ばしやすさ、タイミングなど理屈っぽい理由があります。。

好みを優先すると

イギリス機ばかりでどうやら日本では人気がないようです・・・・w


戦闘機の検索数などから人気を統計した面白いサイトです↓
http://maker-one.ddo.jp:8080/cdh88520/ww2fighters_ranking/ww2fighters_ranking.html


単発機はつくり飽きてしまったので

多発機で 飛行艇で ビーチング
b0138691_2255570.jpg

できるようにしたい・・・・・
ビーチングとは陸にあがることみたいです。
 ビーチングギアというのは陸上での離着陸はできない華奢なものらしいです。


多発機なのはビーチングするときの操舵が大事だから。

飛行艇なのは 大抵薄板でぺこぺこしてる機体が多くて耐水性がよくなった今の作り方をいかせそうだから。

新明和US-1またはUS-2
※PS-1はビーチングギアです。
b0138691_2324015.jpg

縦長好き。短距離離着陸かっこいい。

四発大変、大きくなりすぎる、フロート形状未知数、6ブレードペラがない。

b0138691_235827.jpg

PBYカタリナ 

ガマガエルみたいな船体は受け付けない。

有名、足作りやすい、3輪式、3D曲線多い、意外と大きいのは×

b0138691_2383620.jpg

グラマングース

カワイイ、

ちょっとマイナー、サイズ手頃、足経験アリ、作りやすい船体、でもビリン式は新しい引き込みのメリット半減

b0138691_2401686.jpg

グラマンアルバトロスとマラード

縦長すき

意外と実機は大きい、でも作りやすそう、双発、3輪式、ビーチングギアな上に引き込みアクチェータがどうしても押しちじめられるからとても無理がある・・・

b0138691_2452354.jpg


カナディアCL215

好き。

かなり有名。有名すぎ。作ってる方が多いから変態さが足りない気がするかも。
製作面は良いことがおおい

b0138691_247769.jpg

ツインビー

マイナーすぎ、超短距離離着陸で飛ばすのが面白そう。
小さすぎ、引き込みNG

b0138691_2482411.jpg

マーチンマリナーPBM-5A

かっこいい。やっぱり機銃があるといい

180度回転引き込みはストロークが足りなさそう。、機体は大きい(1/13.5で2.5mほど)、アライメント取りにくい。3輪式、船内作らないと
b0138691_2525343.jpg

シコルスキーS43

この時代の機体もいいかも

布貼りはいかせない、ビーチングギア、大きめ

b0138691_2535297.jpg

ドルニエDo24 ATT

かっこいい

5ブレードなし、3発でのミキシングの問題、マイナー、スポンソンの未知、引き込みメリット最も大


b0138691_30519.jpg

ベリエフBE-12
一番好き。

アライメント面倒、大きめ、ソビエト飛行艇では有名な気がするけど多分マイナー、ビリン式は×
[PR]
by yf2mllsg | 2013-01-03 02:56
b0138691_18432646.jpg

b0138691_18434149.jpg

均整のとれたラインでふつくしい(*´∀`)
 翼端の翼断面を根元と同じに変えた以外は一切じりませんでした。
翼型も座標はありませんが同じです。
尾翼拡大なしなので主翼が大きめにみえて良いですね。

データ
スケール比1/12.14
スパン988mm
飛行重量360g
モーター2セル専用 2208ー18T
ペラ フリーウイング9かける8 3ブレード
アンプ 12A
バッテリー 2セル600mAh
サーボ 各一個 引き込み ハイペリオン10g金属デジタルベアリング
           エルロン OK模型4,7g
           尾翼 GWS PICO STD6g
受信機 5ch以上

           


私の考える零戦の特徴

板金細工感際立ち、華奢な印象
流れるような胴体のライン

飛行特性では
エルロン効かないけど運動性がすごく良い
離着陸はふわふわ、パワーは非力気味

です。






 今回は大きなミスをしてしまいました。
計算ミスでスケール比を誤ってしまったことです。
いつもスケール比を1/13.5にこだわってきたのですが
勘違いにより1/12.14になってしまいました。
約片翼50mmずつおおきめになっています。。。。
 52型12mだったけ・・・21は50cm×2プラスで・・・ミス・

b0138691_1847377.jpg

ご存知のとおり零戦は非常に薄い外皮を用いているため
他の大戦期より平滑性に乏しいのが特徴だとおもいます。

枕頭リベットは外皮をわずかに歪めながらかしめるためリブのラインにそって細かい歪みと
内部構造の区画内単位で大きめの歪みがでます。

大戦初期の機体設定であるため、凹凸の大きさはレストア機を参考にしました。
b0138691_18501572.jpg

ESD(超々ジュラルミン)の桁が露出するのは三菱戦闘機の特徴ですね。
b0138691_18511842.jpg

b0138691_18514894.jpg

フィレットに使う外皮は米軍機や欧州機と比べて非常に薄く継ぎ目は目立ちにくい気味です。
b0138691_18525240.jpg

エルロンは1サーボでLクランクです。
0.8カーボンロッドで軽く軽く
b0138691_185553100.jpg

いつもはキャノピーを0.5mm PVCかPETなところを今回は 約0.17mm(実測)です。
ペラッペらですが割る材質でないため大丈夫です。
b0138691_18592134.jpg

内部構造も作ることが今回やりたかったことです。
b0138691_18594897.jpg

カーボンで発動機懸架を組んで防火壁を下げて
エンジン補機スペースにすべてのメカをのせます。
b0138691_1902674.jpg

こんな感じの・・
b0138691_1904888.jpg

モータマウントはEPPで14気筒をつくりのせました。
b0138691_1915583.jpg

スピナーは延長したカーボンシャフトの先に付く発泡フィルム貼りです。
軽く、モーターを保護します。
b0138691_1925825.jpg

プロペラを保護するために3ブレード用のプロペラセーバーをアルミ挽物で自作しました。
b0138691_1935320.jpg

パリパリパリ・・
b0138691_194962.jpg

塗装は薄いグレーです。

諸説あるようですが

私の今の考えは・・

真珠湾攻撃時、
赤いプライマーにグレーを吹いたため薄いグレーであるが
しばらくすると劣化と塗料の隠蔽性が悪いため赤がわずかにすけて緑がかる。

です。
b0138691_19876.jpg

b0138691_1982072.jpg

b0138691_198303.jpg

b0138691_1983842.jpg

赤城=AI
b0138691_199364.jpg

燃料タンクのあいだがエルロンサーボの点検パネルです。
引き込みはGWSの小さいのです。
1.5mmピアノ線脚で
ぽよんぽよん気味ですが後ろから1mmピアノ線で補強を加えました。
引き込みサーボは金属デジタルベアリング。
b0138691_1910422.jpg

ごく普通な零戦のギア。
この辺も軽く・・・
b0138691_19105840.jpg

b0138691_19112378.jpg

内側扉は軽量化のため省略です。
軽くつくる努力をすることもスケール?かなです。

フラップも迷いましたが 機能上は間違いなく必要ないため省略して軽量化
b0138691_19122845.jpg

わかりにくいですが 7.7mm機銃をつくり防火壁貫通させてのせました。
 昔挫折した内部構造の再現はリベンジできたと思います。
b0138691_19133874.jpg


初飛行動画です。

飛行特性
私の知る限りでの飛びを十分に再現できました。良い飛びと、実機っぽいはまた別だと思います。
飛ばしやすいから実機ぽく飛ばすことができる。ではなく性能をフルに使って普通に飛ばした時に実機っぽい。今回はまさにそれだと思いました。
エルロンはゆったりしているけど 低翼面荷重と効きやすい尾翼で運動性(特に旋回性)で運動性は良いです、。失速がとても遅いので旋回半径は極端に小さいです。ちょっと不思議な感じですが、現場パイロットが好むのも理解できそうです。
軽さで 目立ちませんが 他の項目と比較すると垂直尾翼面積は1~2割増が良いようです。もし1/13.5でそのままつくっていたら増積必要だったかもしれません。
パワーは2せるのためループが行える(連続は厳しい)程度で、恐らく実機もこんな感じだったのかな。
離着陸は非常に簡単です。 足の強度を心配(ピアノ線が曲がるという懸念)していましたがふわふわ降りるので大丈夫でした。
動画できりもみチックなことをしていますが実は失速していません(一回翼端失速)よくたん失速は考えなくても良いくらい最低速度はゆっくりさんです。

 総じてスケール機としての飛びは非常に満足です。


こちらにてお嫁お待ち致しております。
 (yahooオークションです)
 



 
[PR]
by yf2mllsg | 2013-01-01 19:16 | ラジコン飛行機