ラジコン、イラスト、工作、そなそな・・・


by yf2mllsg

タグ:悲しいときはいつも ( 1 ) タグの人気記事

b0138691_18432646.jpg

b0138691_18434149.jpg

均整のとれたラインでふつくしい(*´∀`)
 翼端の翼断面を根元と同じに変えた以外は一切じりませんでした。
翼型も座標はありませんが同じです。
尾翼拡大なしなので主翼が大きめにみえて良いですね。

データ
スケール比1/12.14
スパン988mm
飛行重量360g
モーター2セル専用 2208ー18T
ペラ フリーウイング9かける8 3ブレード
アンプ 12A
バッテリー 2セル600mAh
サーボ 各一個 引き込み ハイペリオン10g金属デジタルベアリング
           エルロン OK模型4,7g
           尾翼 GWS PICO STD6g
受信機 5ch以上

           


私の考える零戦の特徴

板金細工感際立ち、華奢な印象
流れるような胴体のライン

飛行特性では
エルロン効かないけど運動性がすごく良い
離着陸はふわふわ、パワーは非力気味

です。






 今回は大きなミスをしてしまいました。
計算ミスでスケール比を誤ってしまったことです。
いつもスケール比を1/13.5にこだわってきたのですが
勘違いにより1/12.14になってしまいました。
約片翼50mmずつおおきめになっています。。。。
 52型12mだったけ・・・21は50cm×2プラスで・・・ミス・

b0138691_1847377.jpg

ご存知のとおり零戦は非常に薄い外皮を用いているため
他の大戦期より平滑性に乏しいのが特徴だとおもいます。

枕頭リベットは外皮をわずかに歪めながらかしめるためリブのラインにそって細かい歪みと
内部構造の区画内単位で大きめの歪みがでます。

大戦初期の機体設定であるため、凹凸の大きさはレストア機を参考にしました。
b0138691_18501572.jpg

ESD(超々ジュラルミン)の桁が露出するのは三菱戦闘機の特徴ですね。
b0138691_18511842.jpg

b0138691_18514894.jpg

フィレットに使う外皮は米軍機や欧州機と比べて非常に薄く継ぎ目は目立ちにくい気味です。
b0138691_18525240.jpg

エルロンは1サーボでLクランクです。
0.8カーボンロッドで軽く軽く
b0138691_185553100.jpg

いつもはキャノピーを0.5mm PVCかPETなところを今回は 約0.17mm(実測)です。
ペラッペらですが割る材質でないため大丈夫です。
b0138691_18592134.jpg

内部構造も作ることが今回やりたかったことです。
b0138691_18594897.jpg

カーボンで発動機懸架を組んで防火壁を下げて
エンジン補機スペースにすべてのメカをのせます。
b0138691_1902674.jpg

こんな感じの・・
b0138691_1904888.jpg

モータマウントはEPPで14気筒をつくりのせました。
b0138691_1915583.jpg

スピナーは延長したカーボンシャフトの先に付く発泡フィルム貼りです。
軽く、モーターを保護します。
b0138691_1925825.jpg

プロペラを保護するために3ブレード用のプロペラセーバーをアルミ挽物で自作しました。
b0138691_1935320.jpg

パリパリパリ・・
b0138691_194962.jpg

塗装は薄いグレーです。

諸説あるようですが

私の今の考えは・・

真珠湾攻撃時、
赤いプライマーにグレーを吹いたため薄いグレーであるが
しばらくすると劣化と塗料の隠蔽性が悪いため赤がわずかにすけて緑がかる。

です。
b0138691_19876.jpg

b0138691_1982072.jpg

b0138691_198303.jpg

b0138691_1983842.jpg

赤城=AI
b0138691_199364.jpg

燃料タンクのあいだがエルロンサーボの点検パネルです。
引き込みはGWSの小さいのです。
1.5mmピアノ線脚で
ぽよんぽよん気味ですが後ろから1mmピアノ線で補強を加えました。
引き込みサーボは金属デジタルベアリング。
b0138691_1910422.jpg

ごく普通な零戦のギア。
この辺も軽く・・・
b0138691_19105840.jpg

b0138691_19112378.jpg

内側扉は軽量化のため省略です。
軽くつくる努力をすることもスケール?かなです。

フラップも迷いましたが 機能上は間違いなく必要ないため省略して軽量化
b0138691_19122845.jpg

わかりにくいですが 7.7mm機銃をつくり防火壁貫通させてのせました。
 昔挫折した内部構造の再現はリベンジできたと思います。
b0138691_19133874.jpg


初飛行動画です。

飛行特性
私の知る限りでの飛びを十分に再現できました。良い飛びと、実機っぽいはまた別だと思います。
飛ばしやすいから実機ぽく飛ばすことができる。ではなく性能をフルに使って普通に飛ばした時に実機っぽい。今回はまさにそれだと思いました。
エルロンはゆったりしているけど 低翼面荷重と効きやすい尾翼で運動性(特に旋回性)で運動性は良いです、。失速がとても遅いので旋回半径は極端に小さいです。ちょっと不思議な感じですが、現場パイロットが好むのも理解できそうです。
軽さで 目立ちませんが 他の項目と比較すると垂直尾翼面積は1~2割増が良いようです。もし1/13.5でそのままつくっていたら増積必要だったかもしれません。
パワーは2せるのためループが行える(連続は厳しい)程度で、恐らく実機もこんな感じだったのかな。
離着陸は非常に簡単です。 足の強度を心配(ピアノ線が曲がるという懸念)していましたがふわふわ降りるので大丈夫でした。
動画できりもみチックなことをしていますが実は失速していません(一回翼端失速)よくたん失速は考えなくても良いくらい最低速度はゆっくりさんです。

 総じてスケール機としての飛びは非常に満足です。


こちらにてお嫁お待ち致しております。
 (yahooオークションです)
 



 
[PR]
by yf2mllsg | 2013-01-01 19:16 | ラジコン飛行機